やっぱり海が好き

あーりーは海が好き

どのくらい好きかと言うと
海の近くに住んでしまうほど好き

毎日海の色を確認する
まぁだいたい白っぽい日が多いんだけどw

あーりーのウチナンチュのお友達で
沖縄で一番潜っている素人
が居る

この人は休みの日はほとんど海に潜っている
大晦日に潜り納め
元旦に潜り初め
みたいな人やっさ

いわゆるシュノーケリングなんだけど
この人は5ミリのウェット着て余裕で10メートルは潜る
何せ重りを7キロもつけてるからさ〜
あーりーから見たら「死にたいの?」って重さw

何でそんなに潜るのって話だけど
この人はスフィアフィッシングの達人なのだ
カッコよく言ってみたけど銛突きねw

あーりーはラッシュ着用でやっと10メートル
ウェット着てたら5メートルくらいかな

あーりーも暖かい時期になると
お供させてもらう時があるけど
とにかくハード

朝は6時くらいに集合して
7時くらいに現地到着

ちょっとユンタクして準備
8時前くらいに海に入り
そこから3時間ほど海中散歩

11時くらいに海を上がってお昼ご飯

とまぁ体育会系なスケジュールやっさ

帰ってきたらグッタリして寝込んでしまうw

でもそれも仕方ないなぁと思わせる
景色を体験できるのが海中散歩なわけさ
IMG_3456.jpg

達人は潜るポイントを熟知しているので
季節と風向きを見て最適なポイント
連れて行ってくれるけど
達人すぎてあーりーには荷が重い時もあるw

恩納村、読谷村はだいたいどこでも綺麗な景色が楽しめるけど
海が豊かで危険生物もそれなりにいる
IMG_3415.jpg
イラブーちゃん
普通にいます

IMG_3448.jpg
達人しか知らない海の巨大キノコ
傘のサイズは5メートルくらい?

北谷はソフトコーラルが綺麗

浦添は誰も潜ってないけど
実は珊瑚礁がいっぱいある
けど軍港できるから埋めたてるんだよなぁ
辺野古はダメで浦添とか空港はいいの?

南城は珊瑚礁があまりなくて海藻が多い

糸満はインリーフで楽しむにはお手軽でいいけど
アウトリーフに出るには経験と体力が必要
アウトリーフに出ると深いけど綺麗な珊瑚礁がある

ちなみにうるまとか金武は謎の生物がいて
気持ち悪いから潜らないようにしてると達人は言う

海に潜るにあたり注意事項がありまぁす(小保方風)

1. 裸足はダメ
よく裸足にフィンをつけてる人がいるけど
まずエントリー時に浜を歩く時、危険だし
海に入っても少々肌が露出しているから危険

海には危険生物がいっぱいいる
オニヒトデとかは余裕で死ねるし
ガンガゼなんかも毒を持っている
岩礁で休憩する時に踏んでしまいかねない

しっかりとした底のあるフィンブーツを履くこと

2. 最低でもラッシュは着る
出来れば薄くてもウェットが望ましい
何度も書くけど沖縄の紫外線はヤバい
まず日焼け対策の意味もある

そして海月よけの意味もある
直接肌に触れたらヤバい海月も
ラッシュを着てればダメージは最小限に
食い止めることができる

ミノカサゴとかはウエット着ててもやられるらしい
知人は2週間寝込んだと言っていた

アメリカ〜なんかは
パンツ1枚とかビキニで潜ったりしてるけど
クレイジーだなぁって思うさ
やっぱ身体の作りが違うのかなぁw

3. マスクはちゃんとしたのを選ぼう
あーりーは最初、ホームセンターで買った
安いマスクを使っていた
しかしこれが海の中でブチっと切れてしまい
大変だったさ
そんなに沖に出てなかったから何とかなったけど
眼に海水が滲みて痛くて全然楽しめなかった

マスクはダイビングショップなどで
ちゃんとしたものを買いましょう

4. 泳ぎが苦手な人はカッコつけないでライフジャケット
ウェット着れば浮力が出るので
それなりに泳げてしまうけど
海の中では何があるかわからない
あーりーもたまに波酔いして気分が悪くなる
そういう時に泳ぎが苦手な人は泳ぐ気力が
なくなって溺れてしまうかも
自分の命は自分で守れるようにしよう

5. グローブをする
海の中ではとにかく露出する部分を減らしたほうがいい
ルート次第ではどういう場面に出くわすか解らない
岩盤をつかんで進む場面もあったりする
そういう時に素手は危ない
理想はダイビングショップなどで売ってるグローブだけど
100均の工作用グローブでもいい
ゴムなんかがコーティングしてあるやつね
グローブしても海の物はやたらに触らないほうがいい
触れるだけでタダれる珊瑚も結構ある

こんなもんかな?
まぁ経験豊富な人と行くのが一番良いと思う

この記事へのコメント

L-アルギニン&L-オルニチン1000mg (L-Arginine & L-Ornithine) 【カントリーライフ社製】