沖縄の放送局

2018FIFAワールドカップアジア最終予選もいよいよ終盤に入ってきた

日本はここまで5勝1敗1分で勝ち点16
得失点差で1位になっている
上位2チームが本戦出場で3位だとグループA3位とのプレーオフに
勝ってからの大陸間プレーオフでやっと本戦出場となる

ここは2位以内に入ってさっさと本戦出場を決めておきたい

本日6月7日19時25分キックオフでイラク戦の対策として
シリアと国際親善試合がある

乾も久しぶりに代表に呼ばれたことだし

「これは見ておかないとな」

と思ったら沖縄では放送が無かったOMG(´・ω・`)

logo.gif

そう、沖縄では日本テレビ系の放送が無い
そのため、こういうことがたまにある

ちなみに年末恒例の「笑ってはいけないシリーズ」もやってない
これは忘れた頃の翌年3月くらいに放送される(´・ω・`)

実は4局目の民放が「南西放送」として日本テレビによって計画されていた
周波数の割当まで決まっていたが不況などの理由で頓挫している

そう言った訳で日本テレビはないけれど日本テレビ那覇支局は存在し
NNNの報道取材拠点となっている

沖縄のテレビ放送はまだアメリカ統治時代の1959年11月1日に始まった



沖縄テレビ放送(OTV 8ch)
otvlogo.png
沖縄で最初のテレビ局(1959年11月1日)
本土復帰前で内地と転送回線も無くテープで番組を入手して放送していた
1局しかないのでいろんな局の番組をチャンプルーで放送
NHK番組ですらスポンサーを付けて放送していた
現在は他の放送局が開局した為フジテレビ系ネット局だけど
たまに日本テレビ系テレビ東京系の番組をやることもある



琉球放送(RBC 3ch)
h1_logo.png
ラジオに関しては琉球放送の方がずいぶん早く1950年から正式放送している
テレビに関しては1960年6月1日に沖縄2番めの民放として放送開始
こちらも内地の番組を入手して放送していたけど当初はネット系列が曖昧で
しばらくは内地のいろんな局の番組を放送していた
現在はTBS系のネットを中心にたまに日本テレビ系テレビ東京系も放送する
アナウンサー第一号の川平朝清氏はジョン・カビラ氏・川平慈英氏の父親



沖縄放送協会(OHK→NHK 1ch 2ch)
NHK_logo.svg.png
元々は日本放送協会 沖縄放送局で1942年開局
沖縄戦で閉鎖、解散
1961年 NHK那覇通信局開設 取材拠点で、しかもアメリカ統治下なので海外支局扱いw
1967年 沖縄放送協会設立(琉球立法院による放送法)以下 OHKと表記
1967年12月22日 OHK宮古放送局が沖縄初のテレビ公共放送を開始
1967年12月23日 OHK八重山放送局及び川平・与那国・租納中継局運用開始 本島は後回しw
1968年12月22日 OHK中央放送局(本島)運用開始 民放でやっていたNHK番組はこちらに移行
1969年 受信料徴収開始 まだアメリカ統治下なので1ヶ月の受信料80セントw
1972年5月15日 本土復帰によりOHKからNHK沖縄放送局に改組
1972年6月25日 ラジオ放送開始 意外にもラジオ放送の方が後から開始



琉球朝日放送(QAB 5ch)
qab.gif
1995年放送開始 テレビ朝日系のネットを中心に放送している
RBCが資本参加していて久茂地の社屋とスタジオホールなどを共有している
あのシネマチップス事件の三上智恵さんが開局当初から在籍していた(現在は退職→映像作家)
これは関西人しか知らないネタだねw あーりーの見解は、まぁどっちもどっちと思う(*´ω`*)
日本テレビ系の南西放送は同時期に運用開始の予定だったが頓挫した(´・ω・`)



最初のサッカーネタに戻りますが
どうしても日本テレビが観たいのであればネットで見る方法もあるようです
ただし受信の映像はイマイチらしいですが(´・ω・`)

この記事へのコメント

L-アルギニン&L-オルニチン1000mg (L-Arginine & L-Ornithine) 【カントリーライフ社製】