琉球石灰岩の自然橋 ハナンダー

ALICE SALONさんでゆくっている時に偶然見かけた


と言う写真集があった

これは八重瀬町が発行している八重瀬町の魅力を伝える写真集

コレを見て八重瀬町って言う由来も初めて知った

八重瀬町の海岸は遠浅の浅瀬が幾重にも連なって形成されている

幾重の瀬→八重の瀬→八重瀬 と言うことらしいです

八重瀬町の八箇所の魅力を紹介しているんだけど
知っているものもあれば知らないものもあった

その中でALICE SALONさんから近くて気になったのが

ハナンダー

ハナンダーの場所は八重瀬町具志頭交差点のT字路を曲がらないで
そのまま直進して細い道に進入して少し行った所


小さいながらも駐車場もあります

駐車場から階段を登っていくと「玻名城之殿」と言う拝所?があります
DSC02938.JPGDSC02939.JPGDSC02941.JPG
自然が豊かでガジャンに噛まれましたw
下手するとハブも出そう(@_@)

ハナンダーは階段の反対側です

琉球王朝時代から交通の要所として利用されていたとか

元々は川の流れる洞穴であったと考えられるけど
長い年月をかけて上流側、下流側が侵食されて
ハナンダーだけが橋として奇跡的に残ったとされている

ハナンダーの名前の由来は牛の鼻輪のような形から

まづは上流から眺めてみる
DSC02947.JPG
かなりワイルドなルックスで大自然を感じる(^o^)

橋の底面を見てみると、かつては鍾乳洞だったことを思わせる、つらら状の突起が出ている
DSC02946.JPG

岩肌には水脈があったと思われる筋が付いている
DSC02945.JPG

次は橋を渡ってみる

意外にも橋の上は普通w
DSC02948.JPG
なんせ橋のふもとまで舗装されてるからね(´・ω・`)

ここは橋のセンター付近
DSC02950.JPG
橋の幅は5メートル以上10メートル未満って感じ
柵のせいで狭くなってるけどね
でも柵が無いと端の見極めを誤って転落事故が多発しそう(´・ω・`)

下流から橋を眺めてみる
DSC02951.JPG
こうしてみるとやはり壮観
ここだけが橋として残るって言うのが奇跡的\(^o^)/

DSC02952.JPG
生きているうちに無くなってしまうことは無いだろうけど
自然のもの故いつか消えてしまうのかもしれないから
見ておいて良かったと思う

思うに八重瀬町はある意味、沖縄最強かもしれない(あくまで主観)

1 沖縄らしい風景が今でも沢山のこっている
2 海が綺麗 まぁ沖縄戦の傷痕は少しあるけど(´・ω・`)
3 それなのに便利 那覇まで30分あれば行ける

機会があったらまた八重瀬八景を訪れてみたい
DSC02954.JPG

この記事へのコメント

L-アルギニン&L-オルニチン1000mg (L-Arginine & L-Ornithine) 【カントリーライフ社製】