環境の杜ふれあい

9月になったけど沖縄の気候はまだまだ暑い

なんだかんだ言ったって11月くらいまでは晴れればそれなりに暑い

最近は週の疲れを癒やすために、ほぼ毎週、南風原町の環境の杜ふれあいに行っている
DSC03447.jpg
環境の杜ふれあい とは南風原町と那覇市の

『地域コミュニティ』、『健康』、『環境との共生』を考えた多機能の複合施設です

と何だかよくわからないキャッチコピーだけど
要は体育館とトレーニングジムとお風呂と岩盤浴とグラウンドが一体になった施設

しかし環境を考えてエコシステムてんこ盛りで作られているので環境の杜と言う枕詞が付く

まずは近隣のゴミ焼却施設で発生する熱でタービンを回して電力を生み出している
さらにソーラーパネルも屋上に設置して利用している
雨水を貯水槽に貯めてトイレの洗浄水や植物への散水や建物の清掃に使っている

初期投資はかさむけど長い目でみれば電気代の高い沖縄ではメリットがあるのだろう

しかし最近では太陽光発電の買取価格があまりにも高い為に
電力会社の経営を圧迫してるところもあるようだ

あれ?話がそれたさ

銭湯文化がほとんど無い沖縄にあって、ここ環境の杜ふれあいは
沖縄で一番安く入れる銭湯だと思われる
DSC03448.jpg

那覇市民、南風原町民、及び那覇、南風原町でお勤めの人は650円
それ以外の人は780円
ちなみに利用時間は2時間以内で超えると超過料金を取られる(´・ω・`)


ちなみに館内の写真撮影は禁止なので様子をご紹介出来ないけど
浴槽はかなり広くてゆったりしているし
ジェットバス、サウナ、ミストサウナ、冷水浴とそれなりに充実
シャンプーとボディシャンプーも用意されている

ちなみにお湯は普通の水道水なのであしからず(´・ω・`)
タオルは有料レンタルもあるけど持参が良いでしょう

驚くべきなのは利用者の少なさw

日曜の夜と言ったら内地の銭湯は大混雑の時間だけど
いつも男湯は10人くらいしか入っていないw

さらに女湯に至っては3人くらいだと嫁が言っていたwww

大阪に南城市知念出身のウチナンチュのお友達が居るけど
大阪の銭湯に入る時に、もの凄く恥ずかしかったと言っていた
子供の頃に銭湯文化に触れていないからだと思われる

そういうこともあって女湯の利用者3名と言うことになっているのか?

そりゃ利用料金をそれなりに高くしないと営業できないさね〜(´・ω・`)

でも本当にゆったりとお風呂に入れるのでオススメです

この記事へのコメント

L-アルギニン&L-オルニチン1000mg (L-Arginine & L-Ornithine) 【カントリーライフ社製】